グラタン皿にバターを塗る。手を汚さない簡単な方法はコレ!

当ページのリンクには広告が含まれています。

昔からグラタン皿にバターを塗るのが嫌いでした。

指がギトギトになるのがとにかく嫌。

シリコンのヘラで塗っても隅々まで塗るの難しいし、ハケも後で洗うのが大変。

指にキッチンペーパー巻いたり、ラップを巻いたりして塗ったりもしましたが、ラップを巻いてない指にバターが付いたりするんですよね。

なんで巻いてないところに付くの… ゚(゚`ω´ ゚)゚

で、ある日突然思いついた方法があります。

百均の材料ひとつで、手のどの部分もまったく汚れなくなりました!

目次

グラタン皿に簡単に快適にバターを塗る方法とは?

手を汚さずに、グラタン皿に簡単にバターを塗りましょう!

その方法は、キッチン用のポリ手袋をはめるだけです。

利き手側だけでOK!

5gにカットされたバターを1つ、手袋をした手で取ってグラタン皿に載せて伸ばすだけ。

あっと

手の温度で固形のバターも簡単に溶けていくので塗りやすいです

グラタン皿2個とココット2個に余裕で塗れました。

まったく手は汚れてません。

なんで今まで気づかなかったんだぁーー! ゚(゚`ω´ ゚)゚

今まで考えて考えて、キッチンペーパーやラップまではたどり着いていたのに、どうしてポリ手袋は思いつかなかったんだ…

思いついた時、「こんな簡単なことをなんで…?」と拍子抜けしました。

夫に話したら、

え?めっちゃ普通

と言いやがりました。夫も思いつかなかったくせに。(๑˘・з・˘)

アイデアというのは、思いついてみればなんてことない簡単なことだけど、思いつくまでは簡単なことではないんですよねぇ。

指にラップ巻く方法よりもコストはかかりますが、70枚で100円だしそこまで痛い出費ではないですよね。

手全体を使えるので、大胆に塗れて時短にもなります。

指4本で豪快に塗ってあっというまに終了!

ラップ巻いてもせいぜい指2〜3本までだったので、残った小指に付かないように慎重になっちゃって、結局時間かかってたんですよね。

しかもちょっとバター付くし。途中でラップがスポッと抜けたりするし。

塗り終わったら、汚れてる方を内側になるようにはずして捨てるだけ。どこも汚れません。

これ思いついてからグラタン作るの面倒…という気持ちが半減しました。

グラタン皿にバター塗る作業って、地味にストレスですよね…

おかげでストレスゼロになりました!

まとめ

グラタン皿にバターを塗る時はポリ手袋(ビニール手袋)がおすすめ!

後で手がギトギトにならない、手を洗うのにも苦労しない快適さを考えたら、手袋1枚以上の価値があります。

嫌いだった作業が、むしろ楽しいとさえ思うようになりました。

お子さんに手伝ってもらうのもよさそうですね。 楽しんでぬってくれそう♪

ぜひ試してみてくださいね。

他にも料理がラクになる記事もあるのでよかったらチェックしてください!

生クリーム飛び散る問題を解決!

楽天ROOM(購入品のみ掲載)

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次