ハワイで完全日焼け対策してる人ハワイ行かなきゃいいじゃん!

ハワイ行くと見かけるんですよねぇ。完全防備してる人。
常夏の島なのに真っ黒な長袖パーカーにレギンス、サングラスにフェイスマスク、つば広の帽子と手袋。人相わからない…どころか顔見えない。肌見えない。性別人種不明。

マジ何しにハワイ来たんですか??

そんなタイトル通りの愚痴…ではない、タイトル以上の大切な話をします。ただの愚痴と思って気分害された人、そのまま気分の悪いままではいないでくださいね。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

日焼け対策に必死な人見ると引く…でも

私は昭和生まれの人間なので、日焼けは体に良いと言われて育ってきました。

なので、子供の頃は外でよく遊び、夏の写真に写る肌は全部小麦色。日焼け止めクリームなんて物もなく(あったかも知れないけど)、夏の家族旅行で海に行けば、親も私も背中や肩は真っ赤に日焼けして、何日も熱いお風呂に入れなくてほぼ水浴びで数日過ごす…という思い出もたくさんあります。

90年代後半までは日焼け止めをしっかり塗って海に入る…なんてまだまだ常識ではなかったと思います。私のバイト先の先輩も沖縄旅行して真っ赤に日焼けして帰ってきたし、真っ赤な顔のまま接客してたし。

2000年代に入ってやっと日焼け止めが一般化してきたんじゃないでしょうか。それでも私は若かったので日焼け止めとか日焼け対策とか要らないでしょ?と思ってました。

だから日焼けするのが危険とか、美白がなんちゃらなんて概念がほとんどなく、最近になってやっと意識するようになったくらい。

今は子供の頃から日焼けは危険と教えられてるのできちんと対策できるんでしょうね。子供の頃の概念は大人になっても影響するけど、大人になってから意識を変えるのって難しい!

だから今のお年寄りは”赤ちゃんに日光浴は体に良い”と思い続けてて、今のママ世代の”赤ちゃんに日光浴はNG(もしくは少しだけ)”という注意事項に賛同できなくて、自分の時代の概念を押し付けようとするんだと思います。

体罰問題もそうですよね。昔は体罰あって当たり前だった!それで子供が善悪を学習した!だから今の体罰絶対ダメ主義はおかしい!と思ってしまいますよね。子供の頃の意識を変えるのは本当に難しい…

って、これ何の話?( ̄▽ ̄)脱線するの得意

そんなわけで私は美白絶対主義ではないし、美白の為に今から銀行強盗でも起こすかのような姿になる人を見かけると「どんだけ必死なん?」と引きます。引いてました。

でもそれはとても失礼な誤解だったかも知れない!

光線過敏症という病気を知った

今朝のヤフーニュースで見かけました。
光線過敏症という病についての記事。

日本人に多い疾患だそうです。日光を浴びると湿疹が出たり、呼吸困難になったりするらしいです。日光アレルギーとも呼ばれます。

その記事について、この病気の人たちがコメント欄に自分の症状を語っていました。

ほとんどの人が、この症状の為に直接太陽光を浴びることができず(というかかなり危険)、肌が一切見えないように夏でも長袖、スカーフ、手袋まで着用しないといけないと書いていました。

そして、美白に必死な人と思われて恥ずかしかったり、悲しい気持ちになるそうです。

がーーーーーん…

私が見てきた完全防備の日焼け防止対策を取っていた人はまさにこの病気の人だったかも知れない…。

とてもショックでした。すごい偏見の目で見てしまってたことに。

私が見かけた完全防備の人の大半は美白の為の人だと思うけど、中には光線過敏症の人もいたかもしれません。日本人に多い病らしいし、絶対いたと思います。

偏見の目で見てしまってごめんなさい。

苦労の多い病だとわかります。だって、ちょっとコンビニ…どころかちょっとゴミ捨て、に行くだけでも完全防備しないといけないわけですよ。少しでも太陽光浴びたら最悪呼吸困難が待ってるんですよ。毎日絶対太陽は昇るし、日常生活を送るのに細心の注意を払わないといけないなんて相当なストレスがかかります。

そんなストレスかかる上に、さらに「どんだけ美白に必死なの?」なんて横目でチラリと見られたら泣きたくなりますよ。

もう偏見の目で見ない!これからは見ない!今まで見てたことはごめんなさい!

まとめ

世の中知らないことはたくさんあって、自分の乏しい知識の中から自分基準の物差しで測ってはいけないなぁと改めて気づきました。

ハワイで完全防備の人を見かけた時は「おいおい、そんなに美白保ちたいならハワイ来るなよ」と思ってたし、光線過敏症の人が自らそんな危険地域に足を踏み入れないとは思うけど、症状が軽度の人なら服装に注意しながら旅行楽しめるでしょうし、自己防衛してるんだから、他人が批判するのはお門違いですよね。

ていうか美白の為に日焼け対策徹底している人がハワイに行くのも自由なわけで、誰が何をしようと自由なわけで、ただ私の心がひねくれてただけで、ひたすら反省。他人を批判できるほど立派な人間じゃないわ私。

今回かなり挑発したタイトルにしましたが、光線過敏症を知らない人が読むからこそ意味があると思ったので、これで良いと思っています。私のような偏見の目が少しでも減りますように。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアはこちらから!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローはこちらから!

コメント

  1. ゆゆ より:

    はじめまして。
    わたし自身が光線過敏症で、一年中肌を隠して過ごしています。
    今年のような暑さでも、長袖やフェイスマスクは取れなくて、歩いているだけで見られたり笑われます。でもつけないと肌の症状だけでとどまらず発熱や呼吸困難…
    ちょうど「日光アレルギー、マスク、見られる、対策」で検索していて、こちらに辿り着きました。
    長い事この症状と付き合っているので、もう悲しいとも恥ずかしいとも感じないと諦めていましたが、こちらを拝見して、ちょっとホロリときてしまいました。
    説明しても中々理解していただく事が困難で(太陽でアレルギー?本当?少しくらいなら平気でしょ?みたいな感じ)、だからこうしてわかってくださる方がいらっしゃると嬉しいです。
    この症状を持つ人に、こちらを是非読んで!チョー読んで!と言いたいです。
    ありがとうございます(≧∇≦)
    乱文失礼いたしました。

    • Shiki より:

      ゆゆさん、コメントありがとうございます。
      コメントの通知を見た時、お叱りの言葉かなぁと覚悟して読んだのですが、まさか感謝の言葉を頂けるとは思わずこちらもホロリとしてしまいました。
      私の挑発的なタイトルはこれでよかったのかと揺れています。光線過敏症の人はこの症状を当然ご存知でご覧になることはないと思っていたので、ちょっと意地悪な気持ちで検索した人がこの症状を知って偏見をやめてくれればいいなと思っていたんです。なのにこの症状を持つ人がこんな気分の悪いタイトルの記事を見つけてしまうなんて、目に留まった時のことを考えると悲しい。ゆゆさんも最初は傷つかれたと思います。ごめんなさい。
      アレルギー本当につらいと思います。私もぜん息の気があるので呼吸困難のつらさは少しですがわかります。完璧な健康体の人なんてきっといないと思うので、みんな自分とは違うと認め合って優しく生きていきたいですよね。

  2. ゆゆ より:

    お返事ありがとうございます。
    前回、怒られちゃうかな…とドキドキしながらコメントしたので、温かいお気持ちがいただけてとても嬉しいです。
    タイトルを初めて拝見した時も、今も、不愉快には一切感じません。なので全く傷付いていなし、むしろ感謝しています!
    服装について、知らない人にも見られたり言われたりが珍しくなくて、気にしていないつもりでも(´・ω・`)←のような顔になってしまうので、わかってくださる方もいるんだ、とわかってとても嬉しくなったのです。
    こちらこそお気を使わせてしまってごめんなさい。そしてありがとうございます。
    むしろハワイの事は「だよなぁ…わかる。」と頷いて拝見していました。
    個人的に不思議なのはハワイだけでなく街中にもあって、半袖にロンググローブをした女性はとても不思議です。
    上腕に5センチくらい素肌の覗く、袖とグローブの覆わない隙間(←伝わりますように)がある人が不思議です。あの5センチの隙間は、世の男性がミニスカとニーハイの隙間を聖域と言うような、神秘的な空間なんだろうか…とか、夏になると何となくソワソワしながら、そういう女性を見ています。
    アホな事書きましたがタイトルも記事の何もかもが、偉そうですが、とても嬉しい出会いでした。
    喘息、身近にいるのですがつらそうです。気圧やなどの環境でも苦しくなりますし、無理なさらないでくださいね。
    Shikiさんのおっしゃるように、誰にも優しくて、皆揃って幸せ盛りだくさんな世の中になっちゃいますように(*´ω`*)
    本当にありがとうございますー!
    長文と二度目のコメントでごめんなさい(ノд<)