[北菓楼]生ジャムヨーグルト(ベリー)を食べてみた

当ページのリンクには広告が含まれています。

夫が北海道のおみやげに、新千歳空港にある北菓楼で生ジャムヨーグルト(ベリー)を買ってきました。

生ジャムという名前だけで心惹かれます。

ヨーグルトということで夕食後のデザートでも罪悪感なし!

最後までおいしく食べれたので、味の感想をレポートします。

目次

グラデーションが可愛い生ジャムヨーグルト

小さな箱に倒れないように養生されて入ってました。

2023年は、1個 351円でした。

しっかり養生してくれてるとは言え、飛行機に乗って電車に乗って帰ってきたのに、こんなにキレイな状態を保った夫、なかなかやりおるな。

箱から出しました。

牛乳瓶を思わせるプラ容器に、底までしっかり届く長めのスプーンも付けてくれています。

赤・ピンク・白のグラデーションがかわいい♡

ピンクの部分は苺ムース…ではなく、ジャムでヨーグルトが染まったピンク色です。

お味は?

蓋をぱかっと開けると甘酸っぱいベリーの香りがふわっとしました。

まずは生ジャムの部分だけをちょっとスプーンですくってお味見。

お〜、濃厚!

そりゃそうだ。ヨーグルトに合わせてちょうどいい濃さになるんだから。

ジャムのようなぷるんとした粘度はなく、さらりとしたフルーツのソースという感じです。

生ということなので、加熱せずお砂糖を浸透させてるのかなぁ?(勝手な想像)

しっかり混ぜて食べるヨーグルトだと思いますが、混ぜる前にジャムとヨーグルトの2層の状態でも食べてみました。

お〜〜やっぱりジャムが濃い!そしてクセのないヨーグルトの爽やかさ。

おいしい。

でもこのまま食べたら絶対ジャムが先になくなる。

というわけで観念して、混ぜます。

しっかり混ぜるとかわいいピンクのヨーグルトに大変身。

ピンクって見てるだけで幸せな気持ちになりますよね。(*´꒳`*)♡

混ぜると味のバランスも良くなり、さらにおいしくなりました!

いちごの甘さと、フランボワーズの酸味が絶妙に混ざり合ってる。

私は酸味に敏感なので、甘い味の後にキュッとしたすっぱさを感じましたが、夫は「全然すっぱくないよ」とおいしく食べました。

私は「おいしい!あ酸っぱい!おいしい!おーすっぱい!」と交互にやってくる甘みと酸味を堪能しました。

この味、何かに似てる。

あ、ジョアだ。濃厚なジョアを飲んでる感じだ。

ジョア大好きなんですけど、さらにリッチな味わいで、贅沢なヨーグルトを食べさせてもらったという満足感に満たされました。

濃厚だけど、さっぱり。食後でもお腹に重くたまらないのがいい。

やっぱり北菓楼のスイーツ最高。

そこで過ごした時間が印象に残るというカフェを紹介されています

材料表

材料の写真を載せておきます。

アレルギー等ある方はお気をつけください。(クリックで拡大できます)

まとめ

オンラインでは買えない北菓楼の生菓子は、北海道に行った時の楽しみのひとつです。

新千歳空港の店舗で買えますが、夕方だと売り切れてることもあるので、早い時間に空港にいることがあったらぜひ試してみてください。

もちろん道内の北菓楼でも販売されているので、旅行中のおやつにもおすすめです。

焼き菓子のお土産はコレ!

ソフトクリーム味のケーキ!?

楽天ROOM(購入品のみ掲載)

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次