道北旅行のおすすめ宿!豊富温泉の原油温泉と川島旅館

北海道の北も北。稚内よりはちょっと南。というところに位置する豊富町。そこにある川島旅館に泊まりました。(2018年7月)

スポンサーリンク
レクタングル(大)

酪農のまち豊富町

豊富町は地元が誇るコンビニ「セイコーマート」で販売されている牛乳が作られている町です。大きな工場がありますよ!

そして町営の大規模草地牧場がすごい。行ってみましたが本当にデカイ!見渡す限り草地!!!車でずーーっと走っても草地!私は昔ニュージーランドに住んでいて、見渡す限りの草地は飽きるほど見てきましたが、NZに勝るとも劣らない広さでマジ驚きました。


*写真で伝わらないのが残念ですがほんとに広大!

たまに見かける牛さんたちは人に慣れているのか、車を停めて近くまで行くとぞろぞろと寄ってきます。そしてじーーーっと私たちを見つめます。「なんか用?」って言ってるみたいです(笑)

そんなのどかな豊富町は温泉のまちでもあります。

豊富温泉の泉質がすごい

豊富温泉。ここの温泉すごいんです。

なんと石油(原油)が含まれています!!!

びっくりしますよねぇ。石油入りの温泉って…。

この泉質はものすごく珍しくて、世界で2ヶ所しかないほどのレア度です。( ゚Д゚)超絶激レア!!

1年前にこの温泉を知った時は「え?石油って大丈夫なの!?」と行きたいとは思えませんでした。ガソリンスタンドのにおいも苦手だし、油なんてべたつきそうで嫌だなぁと思って。しっとりタイプの乳液でさえ苦手なのに石油とか…(;´Д`)いや無理でしょ

でもこの夏道北の旅を計画したので、とうとう「行ってみよう!試してみよう!」と勢いで行くことにしました。1年経ったら好奇心が勝ちました(笑)

川島旅館

平成28年に改装した老舗旅館。モダンな外観が目を引きます。

中は明るく木のぬくもりを感じる空間。薪ストーブ好きにはたまらんロビーです!冬も行きたい!


*2階。本は部屋に持ち込んでのんびり読めます。

隠れ家みたいなキッズコーナーもカワイイ!

客室はビジネスホテルの一室ほどの広さですが、省スペースで上手に部屋づくりされています。イスもかわいい。ドアもかわいい。いちいちカワイイ♡

トイレと洗面所は共同です。オシャレで綺麗ですが、一人旅だとトイレの度にカギ締めて部屋を出ないといけないのでちょっと面倒ですね。

私はあまり気にならなかったけど、オットは「朝、寝起きのぼーっとしている時にはだけた浴衣を整えてから部屋を出ないといけないのが面倒」という事でトイレは部屋にある方がいいとぼやいてました。

温泉に入った感想

そして何より気になっていた石油(原油)入り温泉。もう温泉街に入った時から油臭い。だんだん慣れてきますが、最初はなかなか鼻につくにおいで困りました(笑)

旅館の中も油のにおい。浴場はさらに強いにおい。ひゃ~!すごい体験をする気がする!!こんな石油臭いとこに自ら入るなんて!( ̄▽ ̄)なかなかの変態ではないか?

温泉の表面には油が浮いてます!!!膜張ってぬらぬらと虹色に光ってますよ!!茶色い湯の花ももわもわ浮いて、ほんのり茶色を帯びたにごり湯です。(どろっとはしてないのでご安心を)

ひえ~~~!ここに入るのね!私油の中に入るのね!!ぽちゃん。

ぬるっ!!!

あ、この「ぬるっ」は温度です。油のヌルヌルではないです。

浴場は日替わりで男女入れ替えになりますが、初日に入った奥の浴場の温泉はめっちゃぬるかった!(翌朝入った手前の温泉は温かかったです)

7月半ばと言えども夕方~朝は寒いです。このぬるさはちょっとダメだ。屋内はまだ我慢できても露天であの寒さは風邪ひく。あれはぬるま湯。お腹がひや~っとしてきて、寒さのあまり早めに出てしまいました。あ、でも翌朝の温泉は温かくて気持ちよかったですよ♪ 奥の温泉は温度上げて欲しいですね。

とは言え、10分は浸かってました。最初は感じなかった油も、数分してくると肌がぺとついてきます。お湯の中で肌をなでると、普通のお湯とは違う軽い摩擦を感じます。

こ、これが油の温泉か!!

肌に油膜が付着して、湯から腕を出すとパッと水の粒ができます。

わ~この感覚何年ぶり!?この瞬時に水を弾く感じ!最近は肌が水を弾かなくなって、びちゃあぁ~と水がへばりつくのに。(´▽`)悲しいアラフォーあるある

嬉しくて何度も腕を出し入れしました。水を弾く肌が懐かしくて懐かしくて。(´▽`)嬉しいような悲しいような

お風呂上りはほかほかしてました。あんなにぬるいお湯だったのに体の芯は温められていたようです。でもやっぱり温かいお湯に入る幸福感が欲しいので、もう少し温度高い方がいいなぁ。その日たまたまぬるかったのかなぁ?

そして何より驚いたのが、肌がやたらしっとりしていること!

ボディオイル塗ったことありますか?マッサージや保湿の為に塗るいい香りのするオイル。あれを塗ったようなぺっとりしっとり具合です。むしろあれよりはサラッとしていてべたつく感じはゼロです。

すごい。この温泉すごい。石油臭いけど。浴衣着た後もしばらく体からほんのり油のにおいが漂うけど(笑)

実際本当に皮膚病への効能が高いらしく、アトピーなどの治療で湯治に来る人も多いようですよ。油にこんな効能があるなんて知らなかった!あ、でもこれは微量の油とその他たくさんの温泉成分の賜物なので、灯油を体に塗ってはダメですよ!( ̄▽ ̄)そんなヤツおらんわ

豊富温泉-Wikipedia

我が家は利用してませんが、川島旅館は貸切風呂もあります。温泉でプライベートな時間を過ごすこともできますよ。

数日しっとりが続いた!

この温泉に入って驚いたのが、肌のしっとり感が旅行を終えて家に戻ってきてからも数日続いたことです。たいてい翌日お風呂に入ったらもう普通の肌に戻るのに、数日間アラフォーの肌がもちもちしてました。

温泉だけでなく、お水も良いので髪もサラサラになりました。猫の毛のようにぬるりとした柔らかい髪になって大満足です。(温泉に髪はつけてません)

やっぱり水って大事なんですね。水が体を作ってるんだなと実感します。もちろん飲んでもめちゃくちゃおいしい。北海道の水最高!

川島旅館の食事

今回は朝食のみのプラン。
ご飯(白米)が異様においしかった。特級のゆめぴりか。最高。手作りのフレーバーバターもおいしかったです。7種類ありました。みそ味と山わさび味がご飯によく合いました(ご飯に載せて食べるんです! )。パンにははちみつバターがほんとおいしくて止まらなかったです。手作りのお惣菜もほっとするおいしさ。

食後はコーヒーか紅茶を淹れてくれますよ。ゆったり朝食。幸せ。

ふれあいセンターのジンギスカンがおいしい

今回は宿の向かいにあるふれあいセンターで夕食にしました。温泉施設に併設されているレストランです。

昔ながらの食堂という感じ。食券制でとにかく安い。大ボリュームのラーメンもおいしそうだったけど、大好物のジンギスカンに。ライス付きで1,100円。夫はライス無し(980円)でビール追加(400円)。


*二人前です。見た目以上にボリュームあります!

すごいおいしい!

ラムの臭みが一切なくて、もはや何肉食べてるのかわからないほど(褒め言葉)。やわらかくて厚みもあっておいしかったぁ♡

ここのジンギスカン鍋、ふちが深いんです。ここに水を入れてお野菜を茹で焼き(?)で食べます。いつもは真っ黒に焦がしがちなモヤシも快適に食べれました。この食べ方いい!

そしてすごいボリューム!オットとふたりで2人前食べたのですが、追加要らずの量でした。お腹いっぱい!こんなにおいしいお肉たっぷりの夕食がふたりで2,500円程度なんて安すぎる!


*ジュージュー具合伝わりますか?

まとめ

原油温泉よかったです。何事も体験しないとわからないですね。川島旅館もとにかくかわいくて素敵でした。男性だけでなく、女性の一人旅の人も多くいましたよ。老若男女問わずゆったり楽しめるお宿です。

道北が予想以上に楽しかったので、また道北リピートの際は豊富温泉に立ち寄りたいです。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアはこちらから!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローはこちらから!